• ¥1,700

発行者による作品情報

資源をめぐる太平洋戦争に敗れた反省から、戦後、日本は原子力の導入へと邁進する。同じ頃、大阪の商業地区に生まれた男は、東工大で原子力を専攻し、日本最大の電力会社に就職する。そこで彼を待ち受けていたのは、無限の原子力エネルギーという理想ではなく、トラブル続きの現場、コストカットの嵐が吹き荒れる本社、原子力という蜜に群がる政治家、官僚、ゼネコンと裏社会だった。“夢の平和エネルギー”の曙から黄昏までを駆け抜けた「運命の男」の生涯。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
7月7日
言語
JA
日本語
ページ数
292
ページ
発行者
サウンズグッド カンパニー
販売元
SOUNDS GOOD COMPANY Ltd.
サイズ
3.5
MB

黒木亮の他のブック