ショートムービー・マーケティング TikTokが変えた打ち手の新常‪識‬

    • ¥1,800
    • ¥1,800

発行者による作品情報

近年のショートムービーの台頭には目が離せない。



・TikTokの月間アクティブユーザー(MAU)が10億人を突破

・インスタグラムは「Reels(リール)」、ユーチューブが「Shorts(ショーツ)」として、ショートムービー機能をリリース

・他アプリも続々とショートムービー機能を実装



など、ショートムービーが今後最重要なコンテンツになっていくのは間違いないだろう。



同時に、今マーケターが注目すべき大きな変化が個人情報保護法の改正だ。

アプリやネットを開いたとき、「cookieを許可するか」「IDFAの利用に同意するか」が尋ねられるようになった。

これにより、データの活用方法や影響力が変化する。

この変化に上手く対応できない企業は、プロモーション効果を大きく下げることになる。



以上2つの変化を踏まえ、今後非常に重要になってくるのが

「ショートムービープラットフォームの活用」と「ショートムービークリエイターとのコラボレーション」だ。



本書では、いち早くTikTokマーケティングに参入し、インフルエンサーマーケティングとインフルエンサー支援をTikTok公認MCNの経営を通じて行ってきた

株式会社TORIHADA 取締役COO/PPP STUDIO株式会社 代表取締役CEOの若井映亮氏が、

これまでの経緯や事例を踏まえ、「なぜ今、ショートムービー・マーケティングなのか」を丁寧に紹介する。



今、テレビからネットへと広告費の比重が変わってきているが、その中でもショートムービーの比重が多くなっていく。



そのとき、「手遅れ」にならないためにも、この大きなコンテンツ革命の波に乗り遅れるな!

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021年
12月22日
言語
JA
日本語
ページ数
157
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
10.5
MB