• ¥1,000

発行者による作品情報

奇才あらわる。
「バイきんぐ」のじゃないほう芸人、西村さんの最初で最後の初エッセイです。
小峠さんよりも先に書籍を出版。
社内の反対を押し切っての刊行です。
はっきり言って、売れる期待は全然していません。
ただ、キャンプだけではない、西村さんの“無駄な才能”を楽しんでいただけると幸いです!
有益な情報はほとんどないですが、読むとほんの少しだけ元気がでます。

暇な時に僕はジグソーパズルをやる。本当に気が向いた時だけなので年に2、3回くらい。年に2、3回なら結構やっている方ではないかと思う人もいるでしょうが違うのです、僕はまだ完成してない1000ピースのジグソーパズルを年に数ピースずつ、気がつけば14年という気が遠くなるほどの時間をかけてやっているのです。
1日1ピースやるだけでも3年もしないうちに完成しますからね。「完成させる気がないだろう?」とよく言われますが14年の間コツコツ数ピースずつやっているし、その間4回引っ越しして、そのたびに毎回作りかけのまま梱包しては開梱を繰り返し、ホコリがかぶればパズルを吸い込まないように掃除機をかけ、謎のちぢれ毛が紛れ込めば丁寧に取り除き、それはもう大事に扱っているのです。いつか完成するのを夢見て。(本文より)

【著者プロフィール】
西村瑞樹 (にしむら みずき)
お笑いコンビ「バイきんぐ」にて主にボケを担当。相方はツッコミの小峠英二。
現在はソニー・ミュージックアーティスツ(SMA NEET Project)所属。
2012年『キングオブコント』(TBS)で優勝。
2019年、YouTubeにて『CAMP西村チャンネル』を開設、配信開始。
初の冠番組『西村キャンプ場』(テレビ新広島)が、2019年からレギュラー化。
趣味はキャンプ、映画鑑賞、TVゲーム。特技は野球とカラオケ。本書は初の書籍。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
1月28日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
ワニブックス
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
55.6
MB