• ¥500

発行者による作品情報

電話がなっている。だけど、ぼくは、電話器をとることができない。いまのぼくには、君と話をする資格なんてない。だって、ぼくは……。あわい初恋が衝撃的なラストを迎える幻の名作「電話がなっている」や、バスケ少年の中学最後の試合を爽快に描いた表題作。少年という存在の気持ちよさ、やさしさと残酷さ、あまりにも繊細な心の痛み、のぞきみえる官能――思春期の少年が持つすべての素直な感情がちりばめられた、みずみずしいナイン・ストーリーズ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2003
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
131
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
652.8
KB

川島誠の他のブック