セリヌンティウスの舟 セリヌンティウスの舟

セリヌンティウスの‪舟‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥440
    • ¥440

発行者による作品情報

大時化(おおしけ)の海の遭難事故によって、信頼の強い絆で結ばれた6人の仲間。そのなかの一人、米村美月が、青酸カリを呷(あお)って自殺した。遺された5人は、彼女の自殺に不自然な点を見つけ、美月の死に隠された謎について、推理を始める。お互いを信じること、信じ抜くことを、たったひとつのルールとして――。メロスの友の懊悩(おうのう)を描く、美しき「本格」の論理。

ジャンル
小説/文学
発売日
2008年
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
196
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
755.4
KB

石持浅海の他のブック

殺し屋、やってます。 殺し屋、やってます。
2020年
扉は閉ざされたまま 扉は閉ざされたまま
2008年
トラップ・ハウス トラップ・ハウス
2014年
攪乱者 攪乱者
2013年
玩具店の英雄~座間味くんの推理~ 玩具店の英雄~座間味くんの推理~
2015年
殺し屋、続けてます。 殺し屋、続けてます。
2021年