• ¥400

発行者による作品情報

『ダロウェイ夫人』(ダロウェイふじん、Mrs. Dalloway)は、1925年に発表されたヴァージニア・ウルフの長編小説。第一次世界大戦の爪痕の残るロンドンでの、クラリッサ・ダロウェイの1日を「意識の流れ」の手法で、生、死、時を描いたモダニズム文学の代表作。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016年
9月1日
言語
JA
日本語
ページ数
351
ページ
発行者
Books Pub
販売元
KONSTANTIN FAMARSKII
サイズ
4.7
MB

ヴァージニア・ウルフの他のブック

2012年
2013年
2017年
2016年
2018年
2020年