• ¥2,200

発行者による作品情報

政府の監視も、グーグルのアルゴリズムも、企業によるターゲティングも、

さらには法律の手すらも及ばないインターネットの暗部=ダークウェブ。

「ネットの向こう側」の不道徳な領域を描き出す

ポスト・トゥルース時代のノンフィクション!!



知られざるインターネットの暗部――ダークウェブ。

その領域の住人たちは何よりも「自由」を追い求め、

不道徳な文化に耽溺しながら、「もう一つの別の世界」を夢想する。



本書ではアメリカ西海岸文化から生まれたインターネットの思想的背景を振り返りながら、

ダークウェブという舞台に現れたサイトや人物、そこで起きたドラマの数々を追う。

「自由」という理念が「オルタナ右翼」を筆頭とした反動的なイデオロギーと結びつき、

遂には「近代」という枠組みすら逸脱しようとするさまを描き出す。



【目次】

序章 もう一つの別の世界

分断されたインターネット

フィルターにコントロールされた「自由」…etc.



第1章 暗号通信というコンセプト

ダークウェブとは何か

「数学」という美しく純粋なシステムによる支配…etc.



第2章 ブラックマーケットの光と闇

「闇のAmazon」

思慮深きマーケットの支配者…etc.



第3章 回遊する都市伝説

殺人請負サイトQ&A

人身売買オークション

スナッフ・ライブストリーミング…etc.



第4章 ペドファイルたちのコミュニティ

児童ポルノの爆発的な拡散

フィリピンのサイバー・セックス・ツーリズム

おとり捜査…etc.



補論1 思想をもたない日本のインターネット

アングラ・サブカルとしての消費

アメリカのインターネットが反体制的な理由…etc.



第5章 新反動主義の台頭

哲学者、ニック・ランド

暗黒啓蒙(ダーク・エンライトメント)

恋愛ヒエラルキーの形成と闘争領域の拡大…etc.



第6章 近代国家を超越する

ブロックチェーン上のコミュニティ

バーチャル国家が乱立する未来…etc.



補論2 現実を侵食するフィクション

冥界としてのサイバースペース

現実認識を変容させる…etc.

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2019年
1月20日
言語
JA
日本語
ページ数
318
ページ
発行者
イースト・プレス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.5
MB

木澤佐登志の他のブック

2022年
2020年