テクノ・リバタリアン 世界を変える唯一の思想 テクノ・リバタリアン 世界を変える唯一の思想

テクノ・リバタリアン 世界を変える唯一の思‪想‬

    • 4.8 • 4件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

シリコンバレーの天才たちが希求する「1%のマイノリティだけの世界」

そこは楽園か、ディストピアか?


アメリカのIT企業家の資産総額は上位10数名だけで1兆ドルを超え、日本のGDPの25%にも達する。いまや国家に匹敵する莫大な富と強力なテクノロジーを独占する彼らは、「究極の自由」が約束された社会――既存の国家も民主主義も超越した、数学的に正しい統治――の実現を待ち望んでいる。

いわば「ハイテク自由至上主義」と呼べる哲学を信奉する彼らによって、今後の世界がどう変わりうるのか?


ハイテク分野で活躍する天才には、極端にシステム化された知能をもつ「ハイパー・システマイザー」が多い。彼らはきわめて高い数学的・論理的能力に恵まれているが、認知的共感力に乏しい。それゆえ、幼少時代に周囲になじめず、世界を敵対的なものだと捉えるようになってしまう。イノベーションで驚異的な能力を発揮する一方、他者への痛みを理解しない。テスラのイーロン・マスク、ペイパルの創業者のピーター・ティールなどはその代表格といえる。

社会とのアイデンティティ融合ができない彼らは、「テクノ・リバタリアニズム」を信奉するようになる。自由原理主義(リバタリアニズム)を、シリコンバレーで勃興するハイテクによって実現しようという思想である。


「この惑星上の約40~50億の人間は、去るべき運命にあります。暗号法は、残りの1%のための安全な世界を作り出そうとしているんです」(ティモシー・メイ)

――とてつもない富を獲得した、とてつもなく賢い人々は、いったいこの世界をどう変えようとしているのか? 衝撃の未来像が本書で明かされる。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2024年
3月19日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.4
MB

橘 玲の他のブック

永遠の旅行者(上) 永遠の旅行者(上)
2013年
言ってはいけない―残酷すぎる真実― 言ってはいけない―残酷すぎる真実―
2016年
バカと無知―人間、この不都合な生きもの―(新潮新書) バカと無知―人間、この不都合な生きもの―(新潮新書)
2022年
新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ 新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ
2017年
残酷すぎる成功法則 残酷すぎる成功法則
2017年
もっと言ってはいけない もっと言ってはいけない
2019年

カスタマーはこんな商品も購入

世界はなぜ地獄になるのか(小学館新書) 世界はなぜ地獄になるのか(小学館新書)
2023年
不条理な会社人生から自由になる方法 不条理な会社人生から自由になる方法
2022年
無理ゲー社会(小学館新書) 無理ゲー社会(小学館新書)
2021年
貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか 貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか
2020年
上級国民/下級国民 上級国民/下級国民
2019年
ブルシット・ジョブの謎 クソどうでもいい仕事はなぜ増えるか ブルシット・ジョブの謎 クソどうでもいい仕事はなぜ増えるか
2021年