• ¥1,200

発行者による作品情報

「私はあり、私は実在する」という認識は、「すべての認識のうちで最も確実で最も明証的」である。――近代哲学の父ともいわれるデカルトのこの哲学とは、いったい何なのか。神の存在証明とは? 書簡・小篇から主著『省察』まで、細密に読み解き、デカルトの形而上学が成立した道筋を詳細に辿り、その本質を「観念(イデア)」論としてとらえた画期的力作! (講談社学術文庫)

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2012
10月10日
言語
JA
日本語
ページ数
392
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.1
MB