• ¥330

発行者による作品情報

重厚な経済書が欧米で飛ぶように売れている。フランス人経済学者、ピケティ教授による『Le Capital au XXIe siecle(21世紀の資本論)』だ。
格差の拡大は資本主義に内在するメカニズムだとし、急進的な課税による再分配を求める。日本の足元に広がる不透明な状況は、本書が示す資本主義の暗鬱な未来の一様相なのだろうか。

著者独占インタビューや、欧米でこの本が売れる背景、そして日本の中間層にはこれからどういった影響があるのかを徹底解説します。
また電子特典として、池田信夫氏(アゴラ研究所所長)による書き下ろしQ&Aも収録しました。

本誌は『週刊東洋経済』2014年7月26日号第1特集の20ページ分に、電子版特典を付加したものです。

●●目次●●
『21世紀の資本論』著者 トマ・ピケティ 独占インタビュー
平等でない世界に鮮烈な一撃
成長理論で読み解く 富める者がますます富む構造/アゴラ研究所所長 池田信夫
グローバル資本主義の中で中間層は解体されてしまう/日本大学国際関係学部教授 水野和夫
米国はなぜピケティに熱狂するのか
足元に広がる貧困の芽 日本の中間層は大丈夫か

【電子書き下ろし】
Q&Aでわかるピケティと『21世紀の資本論』/池田信夫(アゴラ研究所所長)

Q すごい厚さですが、要するに何が書いてあるんですか?
Q なぜ700ページも必要なんですか?
Q 19世紀のGDPをどうやって測定したんですか?
Q その結果、どういうことがわかったんでしょうか?
Q 格差が拡大する原因は何ですか?
Q 資本主義で格差はずっと拡大してきたんですか?
Q この本の何が画期的だったんですか?
Q ピケティってどういう人ですか?
Q アカデミックな評価はどうなんですか?
Q こんな専門的な本が、どうしてベストセラー1位になったんですか?
Q これはマルクスの『資本論』とどういう関係があるんですか?
Q 大学で学ぶ普通の経済学とまったく違う感じですが、どう理解すればいいんですか?
Q 日本とはどういう関係があるんでしょうか?

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2014
9月9日
言語
JA
日本語
ページ数
48
ページ
発行者
東洋経済新報社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
2.3
MB

週刊東洋経済編集部の他のブック

このシリーズの他のブック