• ¥300

発行者による作品情報

パウル・トーマス・マン(Paul Thomas Mann、1875年6月6日 - 1955年8月12日)はドイツの小説家。リューベックの富裕な商家に生まれる。当初は実科を学んだが処女小説『転落』が認められて文筆を志し、1901年に自身の一族の歴史をモデルとした長編『ブッデンブローク家の人々』で名声を得る。その後市民生活と芸術との相克をテーマにした『トーニオ・クレーガー』『ヴェニスに死す』などの芸術家小説や教養小説の傑作『魔の山』を発表し、1929年にノーベル文学賞を受賞した。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016
4月17日
言語
JA
日本語
ページ数
603
ページ
発行者
Books Pub
販売元
KONSTANTIN FAMARSKII
サイズ
3.9
MB

トーマス・マンの他のブック