• ¥950

発行者による作品情報

※電子書籍版は、オリジナル編集版! 紙書籍版未収録の「ドアラ相撲 名古屋場所」等、紙版では収録できなかったオリジナル記事も収録。また、各項目も電子版ならではの編集が施されたオリジナル版です


名古屋を代表するプロ野球(硬式)のマスコットキャラクター、ドアラ。名古屋市に出現して20周年を記念し、5年ぶりの“著書"が登場します! 

ネットから人気が爆発し、その名前を全国区としたドアラ。しかし、消滅の危機や、2度の手術(下半身と指の骨)をも乗り越えつつ、不動の人気を獲得したという過去があります。

本書はなんと! そんな苦労や喜びに満ちた20年間の思い出を振りかえ……らないのです!

なぜなら、ドアラから出る言葉は「きおくにございません」「過去は振り返らないタイプ」ばかり。

けっきょく20週年記念作品は、“いつものドアラ"が満載の一冊となりました! しかも、よりドアラ濃度の高い一冊です(当社比・推計)。


本書では、ふだんは見えないドアラの姿が、ドアラの筆によって明らかにされていきます。「偉くなった?」「実は沖縄に住んでいる?」「ドアラに会える場所は?」「GMや選手との関係は?」「読んでいる本は?」など、ドアラ独特の筆致で語られていきます。

加えて、これまで明かされなかったドアラ“先生”の原稿執筆風景や生原稿までも公開。

それだけは終わりません。ドアラの取調室でドアラ警官が、そしてドアラ美術部ではドアラ先輩が登場! あまつさえ、ドアラがみそかつまで食べる始末!

さらに驚くことに、幼稚園にドアラが訪れたかと思えば、女子校にまでドアラが出現する事態に!

ドアラ満載、ファン待望の一冊であることは間違いありません。


注……ドアラは生年・出身地ともに不詳であり、本人も「記憶にない」と言っているため、「誕生」ではなく、「出現」20周年となります


【著者紹介】

ドアラ(どあら)

中日ドラゴンズのマスコットキャラクター。生年、および生誕地は不詳。

1994年3月にナゴヤ球場に出現。現在、愛知県名古屋市に在住在勤。

中日ドラゴンズの本拠地がナゴヤ球場からナゴヤドームに移転する際に、新キャラクター「シャオロン」が登場。たちまちドアラ消滅の危機に立たされるも、一部ファンからの「かわいそう」の声により辛うじて残留。

2007年頃からインターネットの動画投稿サイトを通じてその人気に火がつき、野球を知らない層までもがドアラの名前を知ることとなる。著書の発表、CDデビューなど、異例の人気者ぶりが全国的な話題となった。

傍若無人、自由すぎるなどと評価されるが、下半身の疾病、中指の骨折と近年に二度の手術を経験し、体を気づかうようになりつつある。2013年には財布を紛失。

著書に『ドアラのひみつ』(2008年)、『ドアラのへや』(2009年)、『コアラ坂』(2012年、電子書籍)がある(すべてPHP研究所刊)。2014年、電子連載エッセイ『さいふをなくした(全4回)』(PHP研究所)も発表した。

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2014
5月19日
言語
JA
日本語
ページ数
96
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
317.8
MB

ドアラの他のブック