• ¥720

発行者による作品情報

没後十年以上の時を経て、その思想の意義がさらに重みを増す哲学者ドゥルーズ。しかし、そのテクストは必ずしも読みやすいとはいいがたい。本書は、ドゥルーズの哲学史的な位置付けと、その思想的変遷を丁寧に追いながら、『差異と反復』『意味の論理学』の二大主著を中心にその豊かなイマージュと明晰な論理を読み解く。ドゥルーズを読むすべての人の羅針盤となる決定的入門書。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2009年
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
191
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.1
MB

檜垣立哉の他のブック