• ¥1,600

発行者による作品情報

時間を重ねることで徐々に水分を奪われていく生花。

ドライになる過程の花たちは、生きているものの儚さを感じさせ、自然が作り出す美しい姿で見る者を魅了します。

それはまさに、ドライフラワーならではの世界です。



ドライフラワーは以前カントリーテイストで大いに盛り上がりましたが、時を経た今、ドライになるストーリーまでも感じさせるような、「アンティーク」「ヴィンテージ」テイストで、再び注目が集まっています。

カフェやセレクトショップなどの店先にも、ドライフラワーを取り入れたディスプレイがちらほら……。



本書では、個性あふれるフローリストたちが、“今”ならではの感覚でドライフラワーをアレンジする方法を提案。

さりげなく部屋の片隅に置いたり、ビンに詰めて作品として見せるなど、ドライフラワーをもっと楽しむためのアイデアが満載です。

花のプロならではの、“ちょっとした”センスやテクニックは、きっと真似したくなるはず。



飾り方の基本は、プロセス写真つきで解説。

花が好きな方も、手軽なインテリアとして楽しみたい方も、ぜひご覧ください。

ジャンル
職業/技術
発売日
2015
12月14日
言語
JA
日本語
ページ数
146
ページ
発行者
誠文堂新光社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
102.2
MB

誠文堂新光社の他のブック