• ¥650

発行者による作品情報

でも僕は東京に帰ってきた。東京に――。原因不明の大異変の真っただ中で、“生き残り”仲間の同級生・アコや脱走自衛官・仁村とはぐれてしまったテル。体力の限界や孤独の恐怖と闘いながら、ようやく家族の待つゴールの地、東京に倒れこむ!! しかし、その目に映るものは、生存者の気配なき瓦礫(がれき)の山のみである……。地下鉄の入り口から「人の声」を探り当てたテルは、首都の地底深くに秘められたおそるべき「秘密」に接近するのだが……!?!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1999
9月6日
言語
JA
日本語
ページ数
230
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
151.8
MB

望月峯太郎の他のブック

このシリーズの他のブック