• ¥1,000

発行者による作品情報

オードリー若林、待望の新エッセイ集!

『完全版社会人大学人見知り学部卒業見込』から3年。

雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編!


ゴルフに興じるおっさんなどクソだと決めつけていた。

恥ずかしくてスタバで「グランデ」が頼めない。

そんな自意識に振り回されて「生きてて全然楽しめない地獄」にいた若林だが、四十を手前にして変化が訪れる――。


ゴルフが楽しくなり、気の合う異性と出会い、あまり悩まなくなる。

だがそれは、モチベーションの低下にもつながっていて……


「おじさん」になった若林が、自分と、社会と向き合い、辿り着いた先は。


キューバへの旅行エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』では第三回斎藤茂太賞を受賞。

「生き辛い」と感じている全ての人に送ります。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2018
8月30日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
3.3
MB

カスタマーレビュー

akubideru

読んでよかったです

なんだか助かりました。ありがとうございました。

あざらしこ

レビューが恥ずかしくて書けない

読んでよかったです。

ほち子

昔から大好きです。

1秒でも長く若林正恭サンという人を見ていたいので、お仕事顔晴って下さい。

若林正恭の他のブック