• ¥1,000

発行者による作品情報

「よう――俺の敵」 “世界”を、そして“物語”を終わらせるため、「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”に「狐面の男」はささやく。キーワードは、加速。そして、世界の終わり。何より、物語の終わり。待ち受ける刺客、《十三階段》の向こう側にある“終わり”の果てにあるものは――!? シリーズ最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作の前奏曲がついに奏でられる!

ジャンル
小説/文学
発売日
2009年
2月13日
言語
JA
日本語
ページ数
610
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
17.4
MB

西尾維新の他のブック

このシリーズの他のブック