• ¥1,800

発行者による作品情報

夕刊ニッポンの記者、周防正孝は8年前に起きた実父の事件を追っている。実父は新潟の漁港で元最高裁判事の首を模造刀で切断、自らも拳銃自殺した。ある日、厚労省の向井俊介から電話があり、医療ミス疑惑の調査過程で、首切り事件の真相に関わる重大な事実に気付いたという。そこには世間をにぎわす猟奇殺人、人権派弁護士の息子惨殺事件が絡んでいた――。福山ミステリー文学新人賞出身の著者、渾身の長編本格ミステリー。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
7月20日
言語
JA
日本語
ページ数
422
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.9
MB

吉田恭教の他のブック