• ¥500

発行者による作品情報

世に髪切り魔が横行した。妖の者の仕わざだった。冴子はせん司と弥峨によって、髪を切られ、かろうじて牙に助けられた。だが諒は全身に強い妖気を浴びて、痙攣の発作が起きるほどのダメージを受けており、夏江の手厚い看護でなんとか生命を保っている。一方、忍の住むマンションには強固な結界が張ってあって、十九郎たちと連絡をとらせない。十九郎は結界を破るため亮介を説得した……。

ジャンル
小説/文学
発売日
1991
8月7日
言語
JA
日本語
ページ数
280
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
9
MB

若木未生 & 杜真琴の他のブック

このシリーズの他のブック