ハヤテのごとく!(マンガ)

ハヤテのごとく!(16‪)‬

    • 4.5 • 8件の評価
    • ¥530
    • ¥530

発行者による作品情報

▼第1話/災いは転じても災い▼第2話/MAGICAL:LABYRINTH▼第3話/オタクの迷い道▼第4話/私が貴女を矯正してあげてもいい▼第5話/忘れられない思い出にも程がある▼第6話/疲れてるときは、寝てがんばれ▼第7話/見ても、そっとしておく事が大事です▼第8話/『浅野さん、さっきのはいい意味で言ったんだよね?』『もちろん!』誤解を生みがち、カミ☆スタ!▼第9話/藪をつつくとヘビが出る。死体とかも出る。ろくな事がない▼第10話/予定は未定▼第11話/とりあえず話し合いは肉体言語でやってみる●主な登場人物/綾崎ハヤテ(1億5000万円の借金を背負い、ナギに執事として仕える16歳。不幸さ加減なら誰にも負けない自信あり)、三千院ナギ(超お金持ち・三千院家の一人娘。13歳。ハヤテに愛の告白をされたと思い込む)●あらすじ/実はハヤテのことが好きなヒナギク。だが、素直な態度になれないことから、ハヤテのほうは「自分は彼女に嫌われている」と誤解している。そんなある日、ハヤテとヒナギクが2人きりで映画を観に行くことになるが、「これ以上嫌われないように」「誤解を解きたい」の思いとは裏腹に、映画館では不吉なことが連発して…!?(第1話)●本巻の特徴/歯医者が怖い咲夜が家出してきたり、忘れ物のケータイを届けに行った瀬川家で決闘することになったり…。ハヤテの周囲は今日もトラブルがいっぱい!!●その他の登場人物/マリア(三千院家のメイド。美人で面倒見のいい17歳)、桂ヒナギク(白皇学院の生徒会長。才色兼備)、桂雪路(ヒナギクの姉。白皇学院の教師だが、かなりのダメ大人)、西沢歩(ハヤテの元同級生。特徴がないのが特徴な娘)、鷺ノ宮伊澄(ナギの親友。世間知らずの天然お嬢様)、愛沢咲夜(ナギの親戚で幼なじみ。お笑いに厳しい13歳)、瀬川泉・花菱美希・朝風理沙(生徒会3人娘。ハヤテやナギのクラスメート)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2008年
7月11日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
45
MB

畑健二郎の他のブック

2018年
2020年
2018年
2018年
2019年
2019年

カスタマーはこんな商品も購入

2021年
2022年
2022年
2005年
2006年
2012年

このシリーズの他のブック

2008年
2009年
2009年
2009年
2009年
2010年