「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ-これからの製造のトレンドとエコシステ‪ム‬

    • 5.0 • 2件の評価
    • ¥1,300
    • ¥1,300

発行者による作品情報

本書は「ハードウェアのシリコンバレー」として世界の注目を集める広東省深セン市がどのような変遷をたどって今の地位を築いたのか、2001年から深センで電子機器製造に従事する筆者の人生を通じて解き明かします。


「私と深センの関係は2001年にまでさかのぼる。以来約16年間にわたり、深センで製造業を続けてきた。一方、深センが『ハードウェアのシリコンバレー』へと変貌を遂げたのはここ数年の話である。ここにいたるまでの深センの変化、深センのエコシステムがいかに完成へと向かっていったのかを身をもって体験してきた」

「今だから分かることだが、私の事業はその時々の深センのステージにあわせて展開してきた。私は生き延びるために方向転換をしてきたつもりだったが、実は深センの変化に自らを適応させていたのではないか。最近、そう思うようになってきた」

「本書を執筆した動機もそれだ。私個人の体験を伝えることが『ハードウェアのシリコンバレー』が形成された過程を理解するための手引きとなるのならば、出版する価値があるのではないかと思うようになった」

(「はじめに」より)

【目次】

第1章深セン2001~2005貼牌と1人メーカー

第2章深セン2005~2011山寨携帯と“2,500発家電王”

第3章深セン2011~2014深センエコシステムの完成と無謀な自社工場57

第4章深セン2014~2017「メイカーの都」とスタートアップ支援

おわりに日本の製造業は私たちが引き継ぐ

ジャンル
コンピュータ/インターネット
発売日
2017年
11月24日
言語
JA
日本語
ページ数
135
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
21.3
MB