発行者による作品情報

ある物事は必ず何かしら他の物事との関連性および連続性をはらんでいる、という考えに基づいた論証法のこと。

しかしながらそれは常に経験則のみに基づいて語られ、歴史上その正当性を証明した者はいない。さらに皮肉なことに、近年、近代物理学の根幹とも言える量子力学の世界において因果律が全く成立しない種々の事例が報告されている。


しかし我々人間は因果律という偏った《錯覚》を頑に信奉する。


それも本能的に。


まさにそれこそが人間を縛り付ける因果そのものであり、


それが、余命3ヶ月となった私が求めるものだった。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013年
3月9日
言語
JA
日本語
ページ数
220
ページ
発行者
九頭龍 雄一郎
販売元
YUICHIRO KUZURYU
サイズ
164.9
KB

九頭龍雄一郎の他のブック