• ¥690

発行者による作品情報

たおやかに曲がる細道を行けば、今日も小さな発見がある――
歳月を経た建物の柔和な表情、ローマ人の支配の痕跡、
美術館、ソルボンヌ大学、教会、書店、露店市……

知的で質実、おおらかな風が吹き抜けるこの街に暮らして二十年、
日々心をときめかせるカルチェ・ラタンの素顔の魅力をつづる。

〈本文より〉
「カルチェ・ラタンは歩いていて楽しい。観光名所にはないパリの魅力が味わえる」
「散歩でも用事でも、飽きもせず古い道を選んで歩く」
「古いパリの佇まいは、心が和むほどに優しい」

〈目次より〉
住まいは、右岸か左岸か/古代ローマの大浴場遺跡/学生街で楽しむ古い教会めぐり/ジョルジュ・サンドが賛美した「貴婦人と一角獣」のタピスリー/ヘミングウェイの空腹とリュクサンブール公園今昔/ソルボンヌと音楽祭/モンテベロ河岸の箱本屋/ひとつの村のようなモーベエル広場界隈/コレッジュ・ド・フランスの自由な講座/しっとりとした佇まいのビエーブル通り/辻邦生が住んだデカルト通りの坂/日本人の顔には「盗んでもいいよ」と書いてある/とっておきの場所、アラブ世界研究所の図書室 ほか

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
11月22日
言語
JA
日本語
ページ数
231
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1
MB

戸塚真弓の他のブック