• ¥800

発行者による作品情報

19世紀のパリ。赤いネオンで男たちを誘う娼婦の館があった。男たちがあらゆる欲望を満たし、ときに重要な社交場になった「閉じられた家」。パリの夜の闇にとける娼館と娼婦たちの世界に迫る画期的文化論。

ジャンル
歴史
発売日
2013
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
222
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
12.3
MB

鹿島茂の他のブック

このシリーズの他のブック