ヒカリノタネ ヒカリノタネ
はじめての

ヒカリノタ‪ネ‬

はじめて告白したときに読む物語

    • 4.5 • 2件の評価
    • ¥440
    • ¥440

発行者による作品情報

「はじめて」は、いつも痛くて、少し優しい。

日本エンターテインメントの最前線&最高峰!


日本を代表する4人の直木賞作家と、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIによる奇跡のプロジェクト「はじめての」。


その第二弾となるYOASOBIの楽曲「好きだ」の原作となった、森絵都氏の小説「ヒカリノタネ はじめて告白したときに読む物語」を電子書籍で単独配信!


〈あらすじ〉

幼馴染の椎太が好きでたまらない高校生の由舞は、四回目の告白を確かなものとするため、タイムトラベルで過去の告白を消し去ろうとするがーー。


※文字をやや大きくし、漢字にはルビを多めにふっています。

作家のファンはもちろん、全ての世代の方々に楽しんで頂ける、「はじめての」読書にもお勧めしたい小説になりました。


■YOASOBIからのメッセージ


4作品全て本当に面白くて、読み終えた時、全作品、計4回「めちゃくちゃ面白かった!」と声に出し、原稿の前で拍手をしました。「はじめての」という一つのテーマから生まれた4つの色とりどりな物語が、それぞれ違うゴールへと向かう様に心が震えました。

(YOASOBI composer Ayase)


はじめて読んだ物語なのに、私の奥底に眠っている記憶が呼び起こされるような体験でした。 4つの物語、4つの世界と出会って生まれたこの感動を、まっすぐに歌に乗せられたらと思います。

(YOASOBI vocal ikura)


■著者からのメッセージ


「はじめての」というお題をいただき、私もはじめての設定にトライしてみました。時空を超える片思いーこの物語が、読者の皆さんの過去に灯る大事な瞬間とつながってくれますように。

(森 絵都)


■著者プロフィール


森 絵都(もり・えと)

一九六八年東京都生まれ。一九九一年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。同作品で椋鳩十児童文学賞、一九九五年『宇宙のみなしご』で野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、一九九八年『つきのふね』で野間児童文芸賞、一九九九年『カラフル』で産経児童出版文化賞、二〇〇三年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞、二〇〇六年『風に舞いあがるビニールシート』で直木三十五賞、二〇一七年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞。他の著書に『永遠の出口』『ラン』など。絵本・児童文学から大人向けの作品まで、愛とユーモアに溢れる筆致で幅広い世代に親しまれている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
11月4日
言語
JA
日本語
ページ数
53
ページ
発行者
水鈴社
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.2
MB

カスタマーはこんな商品も購入

私だけの所有者 私だけの所有者
2022年
ユーレイ ユーレイ
2022年
色違いのトランプ 色違いのトランプ
2023年
鬼滅の刃 7 鬼滅の刃 7
2017年
鬼滅の刃 9 鬼滅の刃 9
2017年
鬼滅の刃 8 鬼滅の刃 8
2017年

このシリーズの他のブック

ユーレイ ユーレイ
2022年
色違いのトランプ 色違いのトランプ
2023年
はじめての はじめての
2022年
私だけの所有者 私だけの所有者
2022年