ヒヤマケンタロウの妊娠 育児編(上‪)‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

“妊夫”のエリートサラリーマン!?
「男性にも読んでほしい!」「妊婦さんの大変さがわかった」とWEBで大反響の話題作!
「ヒヤマケンタロウの妊娠」から3年後を描く育児編がスタート!

男性も妊娠するようになった世界。
サラリーマン・桧山健太郎(32歳・独身)は、思いがけず妊娠!
産むかどうか迷うなかで、世間の「男の妊娠・出産」に対する偏見を目の当たりにする。
「女性が妊娠したら『お祝い強制』な雰囲気になるくせに! 男が妊娠したら笑いものかよ!」
会社に、社会に自分の居場所を作るため、出産を決意した桧山。
その行動はすこしずつ、周りの人を、そして自分自身を変えていき――。

…出産から3年後。シングルファーザーとして忙しく働く桧山の前に、ある「妊夫」が現れる。
桧山と母親・亜希の関係は? 「産む男性」に対する社会の目はどう変わった?
社会の常識を飛び越えて、男女の「当たり前」を問い直す育児編!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2020年
3月13日
言語
JA
日本語
ページ数
167
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
51.6
MB

坂井恵理の他のブック

2016年
2018年
2014年
2016年
2016年
2019年

このシリーズの他のブック