ピストルの使い‪方‬

(前題――楊弓)

    • 4.5 • 2件の評価

発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、泉 鏡花(1873年11月4日 - 1939年9月7日)は、日本の小説家。明治後期から昭和初期にかけて活躍した。小説の他に戯曲や俳句も手がけた。本名、鏡太郎(きょうたろう)。金沢市下新町生れ。尾崎紅葉に師事した。『夜行巡査』『外科室』で評価を得、『高野聖』で人気作家になる。江戸文芸の影響を深くうけた怪奇趣味と特有のロマンティシズムで知られる。また近代における幻想文学の先駆者としても評価される。他の主要作品に『照葉狂言』、『婦系図』、『歌行燈』などがある。この作品は底本の「ピストルの使い方」では 日本の小説・文芸としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2000年
5月24日
言語
JA
日本語
ページ数
78
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
61.3
KB

泉鏡花の他のブック

1900年
1895年
2017年
1999年
1999年
1911年

カスタマーはこんな商品も購入

1937年
2002年
1898年
1905年
1932年
1932年