• ¥1,400

発行者による作品情報

父親を刺殺した女子大生は、警察の取り調べに「動機はそちらで見つけてください」と答えたという――。

「家族」という名の迷宮を描き尽くす傑作長編。


夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。

彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。

環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。

環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。

なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?


臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、取材を始める。

自らも夫とその弟との微妙な関係に悩まされながら、環菜やその周辺の人々と面会を続ける由紀。

そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは?

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
5月31日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.6
MB

カスタマーレビュー

そのらははさしささおかかかささ

くくすさ

ややさそは何を な科捜やつ ああけささきさか

く そ ぶ た

433°33

26^137そなくかあ

ひはささものかなまつかぞ(゚∀゚)すさくかおかかななくにひささ(か。かが@もたまなさ♪11

島本理生の他のブック