• ¥1,300

発行者による作品情報

可愛いとおいしいがたくさん!

大好きなバスク。



| コラム| バスクってどんなところ?



◆フランスバスク

サン=ジャン=ドゥ=リュズ おいしい暮らしが息づく、人懐っこい海辺を散策。

ゲタリー バスク海岸一の小さな村は、海に沈む夕陽が自慢。

ビアリッツ パリジェンヌも恋する、おしゃれ避暑地へ。

バイヨンヌ バスク旗色の家々が佇む街を、ニーヴ川が見守って。

アルカング 田舎の町に隠れていた、洗練の雑貨と美食の館。

イツァスー 青い空に映える、ルビー色のサクランボの村。

カンボ=レ=バン 温泉が湧く町で、身体の芯からリフレッシュ。

サン=ジャン=ピエ=ドゥ=ポール 巡礼の旅人が行き交う、中世の宿場町。

サンテチエンヌ=ドゥ=バイゴリー 清流に癒やされる、緑に抱かれた隠れ里。

サール 山頂からバスクを見下ろす、登山鉄道の小さな旅。

アスカン リンゴの花咲く町で、地元っ子と乾杯!



|グルメ街道| 山バスクのグルメを味わう、おいしい体験と出合いに。

|フランスバスクのお土産| エスパドリーユ/リネン



◆スペインバスク

ビルバオ デザインで生まれ変わった、スペインバスクの玄関口。

アチョンド 牧歌的な田舎町で、驚きの美食体験を。

アモレビエタ=エチャノ ショートトリップで気軽に、自然の恵みを浴びて。

アバディーニョ 小さな山間の村で、羊飼いになりきる。

サン・セバスチャン 美しい海に囲まれた、世界屈指のおいしい街を目指して。

ビダニア=ゴイアツ 森の中の宮殿で、リュクスなおこもり。

ゲタリア 小さな港町で、ブドウ畑と海に囲まれて。

オンダリビア フランスバスクとの国境で、昔ながらの暮らしに触れる。



| フォトエッセイ| MIKI が旅したバスク

General Information for VOYAGERS 旅人のための基本情報

ジャンル
旅行
発売日
2020
2月17日
言語
JA
日本語
ページ数
123
ページ
発行者
CCCメディアハウス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
79.6
MB

フィガロ ジャポン編集部の他のブック

このシリーズの他のブック