• ¥1,700

発行者による作品情報

そのニュース、疑わなくてもいいですか?


映画「FAKE」や新作「i-新聞記者ドキュメント」でメディアの本質を暴露し続ける著者が、ポスト真実の時代にますます必須のメディア・リテラシーをわかりやすく解説。「よりみちパン!セ」シリーズ『世界を信じるためのメソッド』に、SNSの影響など今日的話題を加筆。親子でフェイクニュースに強くなれる1冊。


【目次】

第1章 ニュースは間違える

•連想ゲームをしよう

•戦争とお菓子の値段

•メディアが間違うとき

•無実の人が犯人に

• 間違いを信じないために


第2章 ニュースを批判的に読み解こう

•丸呑みしないで、よく嚙もう

•リテラシーって何

• 星の王子さまも注意していた

•戦争も起こせる

•クウェートの少女と水鳥


第3章 きみが知らないメディアの仕組み

•僕がクビになった理由

•ニュースの価値はどう決まる?

•「わかりやすさ」のトリック

•「撮る」ことは「隠す」こと

•中立って何?

•両論併記って何?

•多数派はなぜ強い?


第4章 真実はひとつじゃない

•メディアは最初から嘘だ

•ヤラセと演出

•ニュースのうしろに消えるもの

•市場原理とメディア

•メディアはあおる

•思い込みを変えるのもメディア


第5章 フェイクニュースに強くなるために

•世界から見た日本

•北朝鮮の新聞

•平和の歌が放送禁止になるとき

•フェイクニュースがメディアを変えた

•メディアと僕らは合わせ鏡

•どっちが嘘なの?


【著者】

森達也

1956年広島県生まれ。映画監督・作家・明治大学特任教授。98年、オウム真理教のドキュメンタリー映画「A」を公開。2001年、続編「A2」が山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。11年に『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に『放送禁止歌』『死刑』『いのちの食べかた』『FAKEな平成史』『ニュースの深き欲望』他多数。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020
1月24日
言語
JA
日本語
ページ数
1
ページ
発行者
ミツイパブリッシング
販売元
Voyager Japan, Inc.
サイズ
4.9
MB

森達也の他のブック