• ¥650

発行者による作品情報

岸京一郎(きし・けいいちろう)、職業・病理医。直接患者と会うことなく病気の原因を調べ、診断を下す医者。医師らは彼について、こう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と――。岸が今回診断を下すのは、下腹痛を訴える母親。一人娘に弟か妹を産んであげたい彼女の本当の病気とは一体!? ある家族の未来を病理医の双眸が見はるかす。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2015
2月23日
言語
JA
日本語
ページ数
202
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
71.2
MB

カスタマーレビュー

バラ売り、ありがとう

“Shoken” is not Pathological Findings but The view

とても面白く読めました。表紙の英語タイトルは、こわれやすいプレパラート上の病理標本を観るだけでなく、患者を診ることや、こわれやすい人間性をも垣間見る、岸先生の所見(見解?)でもあるのかな、とも思いました。大学時代の恩師から言われた「心ここにあらずんば、観れども見えず!」を久しぶりに想起しました。

草水敏 & 恵三朗の他のブック

このシリーズの他のブック