プラナリ‪ア‬

    • 4.2 • 30件の評価
    • ¥520
    • ¥520

発行者による作品情報

「何もかもが面倒くさかった。生きていること自体が面倒くさかったが、自分で死ぬのも面倒くさかった。だったら、もう病院なんか行かずに、がん再発で死ねばいいんじゃないかなとも思うが、正直言ってそれが一番恐かった。矛盾している。私は矛盾している自分に疲れ果てた。」(本文より)乳ガンの手術以来、25歳の春香は、周囲に気遣われても、ひたすらかったるい自分を持て余し……〈働かないこと〉をめぐる珠玉の5短篇。絶大な支持を得る山本文緒の、直木賞受賞作!

ジャンル
小説/文学
発売日
2005年
9月10日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.2
MB

山本文緒の他のブック

2002年
2013年
2021年
2016年
2005年
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

2008年
2005年
2010年
2006年
1999年
2013年