発行者による作品情報

この作品は明治・昭和時代の作家である芥川龍之介の短い評論。プロレタリア文学の弁護を目的とした評論であり、いわゆる「ブルジョワ文学」との対比を述べている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996
10月8日
言語
JA
日本語
ページ数
4
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
9.2
KB

芥川龍之介の他のブック