• ¥850

発行者による作品情報

「人と思想」は、世界の思想家の生涯とその思想を、当時の社会的背景にふれながら、立体的に解明した思想の入門書です。思想家の生涯を交友関係や、エピソードなどにもふれて、興味深く克明に記述、その主要著書を選択して、概説とその中心となる思想を、わかりやすく紹介してあります。平易な記述と生き生きとした表現を心がけ、新鮮な印象が残るように努めました。一般の方々のハンディな教養書として、また学生・生徒の参考読物として、広く本書をおすすめします。


【Century Books】人と思想 17 ヘーゲル

ヘーゲルは、産業革命やフランス革命、ナポレオンの出現とその没落など、世界史が大きく転換する時代のドイツに生をうけた。いつの世でもそうであるが、歴史的な大きな転換は、けっしてバラ色の道をとおってたんたんと進むものではない。したがって先進国・後進国を問わず、それぞれの国は、新しいものと古いもの、理想と現実、自由主義と反動主義などの対立や矛盾をかかえていた。

眼前に展開しつつあるこのような「現実」を、ヘーゲルは、新時代の精神である「理性と自由」の実現されていく過程として、歴史的にすじ道だてて、根本から深く正しくとらえることに専心した。

現代のおもだった思想は、いずれも何らかの意味で、近代思想の総決算者、弁証法の確立者といわれるヘーゲルとの対決をとおして、形成されているということができる。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2019
1月26日
言語
JA
日本語
ページ数
245
ページ
発行者
渡部哲治
販売元
SHIMIZU SHOIN CO.,LTD.
サイズ
14.8
MB

このシリーズの他のブック