発行者による作品情報

「ペンクラブのパリ大会」は明治から昭和時代にかけて活躍した小説家、評論家である宮本百合子の作品。初出は「文芸」1937(昭和12)年9月号。ペンクラブのパリ大会の議題の抜粋についての感想について書いた作品。この作品は底本の「宮本百合子全集 第十一巻」では「文学史. 文学思想史」として収録されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1941
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
5
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.9
KB

宮本百合子の他のブック