ホテル ビッグコミック版(14) ホテル ビッグコミック版(14)
ホテル ビッグコミック版

ホテル ビッグコミック版(14‪)‬

    • ¥440
    • ¥440

発行者による作品情報

大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!

▼第117話/Pスマイル▼第118話/プライド▼第119話/金額(プライス)▼第120話/NEXT TIME▼第121話/ホテル・ウォーズ▼第122話/レインボー・ブライダル▼第123話/感謝(グラティテュード)▼第124話/レジデンシャル▼第125話/報告 ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/観光学を学んでいる男子学生2人がプラトンにやってきた。ホテルに就職希望の彼らは、何度も石けんを部屋に運ばせてホテルマンの反応をうかがう、といういたずらを試みるが…(第117話)。▼プラトンでは、得意客や取引業者、そして従業員を含めたホテルに関わるすべての人を招いての「感謝の夕べ」というパーティーが毎年開催されている。今年もスタッフとゲストがお互いに感謝を示しながら仲良く盛大にパーティーが開かれるのが、会議場の視察に訪れたミスター・ウエヴスターは、「スタッフと客が一緒に酒を飲むなんてけしからん!」と怒り出す(第123話)。 ●その他の登場キャラクター/ホテル・メリッツ・オーナーの息子・ルネ・メリッツ(第119話)、プラトン・オーナー秘書・佐伯真理(第121、122、123話)、プラトン・バンケット部マドンナ・村井淳子(第122話)、プラトン契約医師・神保(第122、123話)、プラトン常連客・クロード(第123話)、プラトン常連客・中島(第123話)、富井銀行からの出向でプラトン経理担当常務・矢野(第123、125話)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1990年
6月30日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
50.5
MB

石ノ森 章太郎の他のブック

週刊ビッグコミックスピリッツ 2024年32号【デジタル版限定グラビア増量「原田葵」】(2024年7月8日発売) 週刊ビッグコミックスピリッツ 2024年32号【デジタル版限定グラビア増量「原田葵」】(2024年7月8日発売)
2024年
風都探偵(1) 風都探偵(1)
2018年
風都探偵(2) 風都探偵(2)
2018年
風都探偵(3) 風都探偵(3)
2018年
風都探偵(4) 風都探偵(4)
2018年
風都探偵(5) 風都探偵(5)
2019年

このシリーズの他のブック

ホテル ビッグコミック版(15) ホテル ビッグコミック版(15)
1990年
ホテル ビッグコミック版(16) ホテル ビッグコミック版(16)
1991年
ホテル ビッグコミック版(17) ホテル ビッグコミック版(17)
1991年
ホテル ビッグコミック版(18) ホテル ビッグコミック版(18)
1991年
ホテル ビッグコミック版(19) ホテル ビッグコミック版(19)
1992年
ホテル ビッグコミック版(20) ホテル ビッグコミック版(20)
1992年