• ¥1,200

発行者による作品情報

その昔、ハワイのプランテーション農場では、日本人移民の間で、ホレホレ節がさかんに歌われた。ホレホレとはハワイ語で砂糖キビの枯れ葉をむしることで、草分け同胞は炎天下でホレホレしながら、望郷の念にかられ、耕地労働の辛さや日常生活の苦しみなどを歌にうたった。異国に幸せを求めて海を渡った無名の人びとの、炎天下のキビ畑で繰り広げられる血と汗と涙の物語。次代に伝えられるべき日系移民の大きな遺産――はじめての"ホレホレ節考"。太平洋時代に向けて、もっとハワイを知る本!

ジャンル
政治/時事
発売日
1985
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
205
ページ
発行者
日本地域社会研究所
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
12.8
MB