• ¥1,600

発行者による作品情報

「死んでるよ。……みんな死んでる」
世界各地で同時多発的に起きる不可思議な怪現象。
その猛烈な吹雪が過ぎ去ると、死体の山が築かれる――。

プロ登山家の甲斐は連絡を絶った気象観測隊を追うため、アフガニスタン・ワフジール峠に飛ぶが……。
累計132万部突破の「ゼロ」シリーズの著者が描く新たな恐怖!

「あらゆるジャンルを覆い尽くす、前人未到の“絶滅”娯楽小説!
“人類絶滅”が絵空事ではなくなった今、本作が描く“犯人”も創作とは言い切れない」――小島秀夫(ゲームクリエイター)

(目次)
序章 絶滅の前兆
第一章 死の谷
第二章 絶滅の記憶
第三章 死の覚醒
第四章 ホワイトバグ
終章

(著者プロフィール)
安生正
1958年生まれ。京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒業。現在、建設会社勤務。
第11回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、『生存者ゼロ』にて2013年デビュー。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
8月6日
言語
JA
日本語
ページ数
384
ページ
発行者
宝島社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
3.3
MB

安生正の他のブック