• ¥600

発行者による作品情報

八神森司は、幽霊なんて見たくもないのに、「視えてしまう」体質の大学生。片想いの美少女こよみのために、いやいやながらオカルト研究会に入ることに。ある日、オカ研に悩める男が現れた。その悩みとは、「部屋の壁に浮き出た女の顔の染みが、引っ越しても追ってくる」というもので……。次々もたらされる怪奇現象のお悩みに、個性的なオカ研メンバーが大活躍。第19回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞の青春オカルトミステリ!

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
202
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.8
MB

カスタマーレビュー

ワンオクワンオク!

とても面白いです

ホラーと恋愛、何方も満喫できると云う嗜好の作品!
主人公が鈍感で可愛いです(*´ω`*)

ちょっとずつ縮まっていく距離がじれったくて、その分リアリティがあります!

少女漫画みたいなのが好きな人はちょっと物足りないかもしれませんが、読んでてキュンキュンして、応援したくなります。

ホラー要素もなかなかで、ちょっと謎解き要素が混じっていて、解決したら「そうだったのか!」と思えます。

結構怖いやつが多いと思います。

部長の知識がすごいですね(笑)

とにかく面白いので、オススメです!

櫛木理宇 & ヤマウチシズの他のブック

このシリーズの他のブック