• ¥1,100

発行者による作品情報

1945年の敗戦以降,忘却されていた植民地主義の問題が新たな課題として浮上している.いかにして近代日本の植民地的無意識は形成されたのか.後発近代国家が抱え込まざるをえなかった,欧米列強への過剰な模倣と擬態というその起源に溯り,植民地主義以後の世界を生きる現在の我々が解決すべき課題の所在を明らかにする.

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2001
4月23日
言語
JA
日本語
ページ数
170
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
652
KB

小森陽一の他のブック