• ¥850

発行者による作品情報

日本の1/3が空き家の時代が始まる――
「売る」から「貸す」へ!
プロだけが知る 運営 の考え方とは何か?

2022年、広大な面積の生産緑地が宅地となり、団塊世代の大量の「持ち家」が賃貸物件に回ることで、不動産マーケットが激変する。日本の3分の1が空き家になる時代、戸建て・マンションなどマイホームの資産価値を高める方策はあるのか? 空き家問題、タワマン問題で注目を集めた不動産のプロが新たなビジョンを提示する!

5年後に生産緑地が宅地化され、不動産マーケットは激変する!
●中古マンションはなぜ5年から10年目が狙い目なのか?
●タワーマンションをなぜ買ってはいけないのか?
●二世帯住宅が投資として間違っている本当の理由は?

ジャンル
小説/文学
発売日
2017
6月12日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
NHK出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
6.3
MB

カスタマーレビュー

プチフッカ

良いです。

参考になります.2022年の具体的なインパクトを もう少し示していただけたらもっとよかったです

牧野知弘の他のブック