マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラク‪リ‬

    • ¥1,700
    • ¥1,700

発行者による作品情報

TPPで日本人の「いのち」が危ない!食物メジャーが画策する「人類総家畜化」の真実とは?― いま、世界の117の国と地域に「マクドナルド」が存在する。「マクドナルド」が象徴するのは、たんなる「グローバリズム」ではない。「食糧メジャー」の「支配」のシンボルなのだ。本書の目的は、マクドナルドという一企業の批判でなく、マクドナルドに象徴される巨大企業の食支配、そしてその影響を受けたビジネスモデルについて言及することにある。もしマクドナルドのハンバーガーが「餌」とすれば、どうだろうか。それを食べ続ける人たちもまた「家畜」となってしまうだろう。それが、いま起こっている「現実」なのである。(「はじめに」より)

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2013年
11月28日
言語
JA
日本語
ページ数
212
ページ
発行者
イースト・プレス
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
3.3
MB

ベンジャミン・フルフォードの他のブック

2009年
2021年
2021年
2019年
2013年
2014年