• ¥800

発行者による作品情報

外銀ディーラー、女性銀行員、青年ハッカー──三人が共謀して銀行のシステムに侵入し、一か八かの大がかりな取引を実行。その最中、銀行の不正が明るみに出て……。世界を舞台にするオプション取引の驚くべき手口とは? コンピュータと現実社会の衝突を描く迫力の銀行犯罪小説。

※本書は一九九六年六月に講談社より刊行された「インタンジブル・ゲーム」を改題したものが底本です。

ジャンル
小説/文学
発売日
2017
2月20日
言語
JA
日本語
ページ数
404
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
2.2
MB

幸田真音の他のブック