マーケター1年目の教科‪書‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

■第一線で活躍するトップマーケターの思考&行動パターンが身につく本

10年以上にわたり
多くの優秀なマーケターとプロジェクトをともにし
意見交換を繰り返した経験を持つ著者2人が
成功しているマーケターに共通する思考&行動パターンを
7つのカテゴリと50個のパターンに分け
誰でも実践できるようにわかりやすく解説!

□選ばれる理由・選ばれない理由を把握する方法
□ペルソナを明確にするためにやるべきこと
□カスタマージャーニーをうまく描くためには?
□最初に「どこでNo.1になるか」を決める
□顧客に届けるメッセージを決める
□自社の顧客がいるチャネルを探し出す方法
□顧客と直接つながるためにすべきこと
□メッセージに一貫性を持たせる

■「本やネットで勉強はしているが、
自分の仕事にどう当てはめて実践すればいいのかわからず、なかなか成果が出ない……」
「限られた予算の中で成果を出したいが、何から手をつけたらいいかわからない……」

多くの若手マーケターは
こんな悩みを抱えながら毎日仕事をしています。

「成功したマーケターは、ほかの人にない優れたセンスや特別な才能を持っているから成果を出せているのだ。凡人の自分には無理」
などと、思ってセンスや才能のせいにしてしまっている人も
少なからずいるのではないでしょうか。

■本書の著者、栗原康太さんと黒澤友貴さんによれば
プロジェクトを成功に導くマーケターには
「共通した思考&行動パターン」があるそうです。

つまり、
「センスの良い人がマーケティングの成果を出しているわけではない」
「センスではなく、その状況において“とるべき行動”を理解し、実践している人が成果を出している」
ということです。

また、その反対に、
結果を残せず苦労しているマーケターは、
やる気や能力・才能・扇子などが足りないのではなく、
結果を残している人たちが持っている
思考&行動のパターンを実践していないだけだと言います。

言いかえれば、
成功している思考&行動のパターンを実践することで
誰でもある程度の成果を出せる可能性があるのです。

■本書は、成果を出しているマーケター思考&行動パターンを
「調査」「戦略」「集客」「提案」「支援」「測定」「組織」の
7つのカテゴリーに分け、
50個の「マーケティング・パターン」として、
実践者のインタビューとともに解説しています。

たとえば、次のようなものです。
◎顧客にインタビューする&アンケート調査をする
◎顧客を観察する
◎選ばれる理由・選ばれない理由を把握する
など

もしかしたら、
これらの思考&行動パターンは、人によっては
「すでに知っている」
「もうやっている」
というものもあるかもしれません。

しかし、
仕事で成果を出すために大切なことは、
「目新しさ」ではなく
「成果につながる基本行動の徹底」です。

「成果が出ない」と嘆く前に、
ぜひ本書をご一読ください。
ヒントとノウハウがいっぱいに詰まった1冊です。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021年
11月6日
言語
JA
日本語
ページ数
221
ページ
発行者
フォレスト出版
販売元
Yznet Co.,Ltd.
サイズ
16.1
MB

栗原康太 & 黒澤友貴の他のブック

2020年
2020年
2022年

カスタマーはこんな商品も購入