• ¥1,000

発行者による作品情報

■メダリストの言葉はなぜ心に響くのか

オリンピック取材7回のスポーツライター・青島健太が
メダリストの24の言葉を徹底分析!

どんなに実力があっても簡単にはメダルを獲れないのがオリンピックの怖さ。
過去のメダリストは例外なく、多くの困難を乗り越えて栄光をつかんできました。

「初めて自分で自分をほめたい」(有森裕子)
「最高でも金、最低でも金」(谷亮子)
「いままで生きてきたなかで、一番幸せです」(岩崎恭子)
「とっても楽しい42.195キロでした!」(高橋尚子)
など、オリンピックに刻まれた名言はたくさんあります。

全人生をかけて五輪に臨んだアスリートは
栄光をつかんだとき、苦杯をなめたとき、何を語ったのでしょうか?
その言葉の裏にはどんな思いが詰まっていたのでしょうか?

日本中を熱くしたメダリストの戦いを追いながら、
彼らが発した言葉と思いに迫ります!

あのとき、メダリストが語った言葉の本当の意味がいま、明らかに!!

あのときなぜ、有森裕子は「初めて自分で自分をほめた」のか?
あのときなぜ、篠原信一は「弱いから、負けた。それだけ」とつぶやいたのか?
あのときなぜ、田村亮子は「最高でも金、最低でも金」と宣言したのか?
あのときなぜ、谷口浩美は「途中で、こけちゃいました」と笑ったのか?
あのときなぜ、北島康介は「ちょー気持ちいい~」とうなったのか?
あのときなぜ、室伏広治は「バレリーナのように投げたい」と言ったのか?

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2012
6月15日
言語
JA
日本語
ページ数
117
ページ
発行者
フォレスト出版
販売元
Yznet Co.,Ltd.
サイズ
1.3
MB

青島健太の他のブック