• ¥760

発行者による作品情報

なぜヨーロッパにのみ、近代科学を生み出す思想が発達したのだろうか。それは「この世」の向こう側を探る哲学的思考が、ヨーロッパにのみ発展したからなのだ。人間の感覚器官で接することのできる事物の背後(=向こう側)に、西洋人は何を見出してきたのだろうか。バークリ、カント、フッサール、ハイデガー、ニーチェ、デリダらが繰り広げてきた知的格闘をめぐって、生徒との10の問答でその論点を明らかにし、解説を加える。独自の視点と思索による、思想史再構築の試み。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
8月10日
言語
JA
日本語
ページ数
164
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.8
MB

古田博司の他のブック