• ¥2,200

発行者による作品情報

戦後の約20年間、台湾において旧大日本帝国軍人による大規模かつ組織的な軍事支援がおこなわれていた。蒋介石の軍事顧問となった彼らは指導者・富田直亮の中国名「白鴻亮」にちなんで「白団」と呼ばれた。敗戦国の軍人が戦勝国を指導するという史上例を見ない事態はなぜ生じたのか? 足かけ七年の歳月を費やしてアメリカ、台湾、日本に散在する未公開資料を渉猟、関係者への取材から蒋介石と白団の等身大の姿が浮かび上がる。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
4月21日
言語
JA
日本語
ページ数
370
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
5.2
MB

野嶋剛の他のブック