• ¥2,400

発行者による作品情報

「惑星連合」との真摯な対話
難解だけど深遠で的確!
チャネリング文献の金字塔
現代に起こる可能性のある人類の“収穫”とは?
7万5000年周期、2万5000年周期の最後の時期を迎えた人類の壮大なる歴史の真実です。
「一なるものの法則」、大周期、収穫、心/身体/霊複合体、密度、惑星連合、ワンダラー、オリオン・グループ、火星からの入植、惑星マルデックの破壊、アトランティス、ムー、古代エジプト、ピラミッド、チャクラ、ヒーリングなどについて第六密度の社会的記憶複合体、ラーが説き明かします。
進化段階は地球人より数百万年進んでいるラーは、無限の創造主の「一なるものの法則」に調和した奉仕を行う点で団結している惑星連合のメンバーです。なじみ深いところでは、「ラー」は金星において進化した体験を有する宇宙の旅人で、本書の情報の核となる「一なるものの法則」の慎ましきメッセンジャーとして、「すべてのものはひとつであり、それが私たちの性質であり目的である」ことを人類に伝えるため、おおよそ一万一〇〇〇年前に地球にやって来ました。
目的は地球人の知的進化を支援することでしたが、この試みには失敗しています。しかしラーはいったん地表からは撤退したものの、その後も地球の出来事をずっとモニターしていたのです。ラーが私たちの歴史や言語などの知識に長けているのにはそうした理由があります。
今回の接触には差し迫った地球の次元上昇が関わっており、1981年にチャネルの故カーラ・ルカート氏に最初の接触がなされています。
106回におよぶ「ラー」との交信記録の1から26までを本書に収録。私たちの霊的進化に影響を及ぼす形而上学的な仕組みや法則が明かされます。
※セッション27から50は『ラー文書「一なるものの法則」第二巻』(ナチュラルスピリット刊)に収録。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2019
8月9日
言語
JA
日本語
ページ数
464
ページ
発行者
ナチュラルスピリット
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
7.3
MB

ドン・エルキンズ, カーラ・L・ルカート, ジェームズ・マッカーティ & 紫上はとるの他のブック