ルー‪プ‬

    • 4.2 • 18件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

医学生の馨にとって家族はかけがえのないものだった。しかし、父親と馨の恋人を始め、多くの人々が次々と新種のガンウィルスに侵され、世界は存亡の危機に立たされた。ウィルスはどこからやって来たのか? あるプロジェクトとの関連を知った馨は1人アメリカの砂漠を疾走するが……。『リング』『らせん』で提示された謎と世界の仕組み、人間の存在に深く迫るシリーズ完結編。

ジャンル
小説/文学
発売日
2000年
9月8日
言語
JA
日本語
ページ数
376
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.3
MB

鈴木光司の他のブック

1993年
2013年
1997年
2019年
1999年
2016年

カスタマーはこんな商品も購入

2007年
1999年
2002年
1999年
2000年
2020年

このシリーズの他のブック

1999年
2013年
2016年
1993年
1997年