• ¥1,800

発行者による作品情報

★ 育て方のギモンを解決!


★ もっと元気で、長く一緒にいられる!


★ 「これであってる」「こんなときどうする」


★ 生 活 環 境 の見 直 し から

健 康 ケ ア 、 繁 殖 まで


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆


レオパはペットとして、

とても魅力的な生き物です。


コンパクトはスペースで飼うことができますし、

大きな鳴き声をあげないので近所の方に

迷惑をかける心配もほとんどありません。

健康面でも爬虫類のなかでは丈夫な種といわれています。

カラーバリエーションも豊富で、

それも人気の要因の一つになっています。

より美しいカラーを求めて、自宅で繁殖をする

飼育者も少なくなりません。


レオパはとくに最近、

飼育する方が増えていて、「爬虫類は苦手」

というイメージが強い女性にも

人気になっています。


もともとの健康状態も関係していると思いますが、

「どれだけレオパが長生きするか」いう問題に

大きく関わるのが飼育方法です。


誤った方法で飼育すると、

ときにレオパの寿命を縮めてしまうこともあります。

適切な飼育をするために、とくに意識したのは

しっかりと飼育用の設備を整えることです。

レオパは飼育に必要な器具が少ないのも魅力の

一つなので、あまり飼育者の負担にはならないでしょう。


また、レオパとの楽しみである、

コミュニケーションのためのハンドリング

(レオパを手で扱うこと)も注意が必要です。

もちろん個体差があり、ハンドリングが

あまりストレスにならない個体もいますし、

「せっかく飼うのだからレオパと触れ合いたい」

という気持ちはよくわかります。

ハンドリングは適度に行うぶんには問題ありませんが、

度をすぎるとレオパのストレスになることも

考えられます。とくに、食事の前後は要注意で、

食前は食欲が減退するおそれがあり、

食後は食べ戻してしまう可能性があります。


ほかにも知っておきたい飼育のポイントはありますが、

どれも難しいものではありません。


本書はショップのお客様からよく質問をいただく

疑問の答えとともに、レオパの飼育に

関する情報をまとめました。

素敵なレオパとの生活を送るために、

お役に立てば幸いです。

アクアマイティ― 宮崎剛

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2019
1月28日
言語
JA
日本語
ページ数
113
ページ
発行者
メイツ出版
販売元
CREEK & RIVER CO LTD
サイズ
26.6
MB

このシリーズの他のブック